川口由一さんの紹介

 奈良県桜井市在住。1939年、農家の長男として生まれる。小学6年の時に父親を亡くし、中学卒業と同時に専業農家となる。化学肥料、農薬、機械を用いる農業になじまず、心身共に疲労するなかで、生命を損ね、環境を汚染し、資源を浪費する農業の誤りに気付き、38歳の時に、「耕さず、草や虫を敵とせず、農薬、肥料を用いない」自然農を始める。試行錯誤を繰り返すなか、いのちの営みに添う自然農の栽培技術とその理を確立する。

 

 『妙なる畑に立ちて』の出版をきっかけに、田畑の見学や教えを求める人が訪れるようになり、自宅での見学会、一泊二日の合宿会を始める。1991年、実践を通した学びの場を作ってほしいという声に応じて「赤目自然農塾」を開き、同年、「妙なる畑の会・全国実践者の集い」を始める。
 翌年には福岡の学びの場ができ、その後、全国各地にも足を運び指導するようになる。記録映画『自然農 川口由一の世界』の上映や書籍の出版などにより、自然農が全国に広がり、実践する人が増えていくなか、学びの場も各地で生まれている。

 

 2014年、発足以来、23年間に渡り指導者として役割を果たしてきた「赤目自然農塾」の代表を中村康博氏と副代表を小倉裕史氏に引き継ぎ、相談役となる。

 「妙なる畑の会・全国実践者の集い」の代表も次の世代に引き継ぐ。

 

 現在は、自然農を学ぶ場として「妙なる畑の会・見学会」、心平和に美しく豊かに生きてゆく人としての正しい道を見い出し、その真の答えを生きることのできる人に育つための学びの場として「乾坤塾」、自然農と同時に取り組んできた『傷寒論』『金匱要略』を源とした古方の漢方医学を学ぶ場として「奈良漢方学習会」を開き、病からの自立、人生の自立に向かう人たちの求めに応じ指導する。

<著書>

  • 『妙なる畑に立ちて』 野草社、1990年
  • 『自然農から農を超えて』 カタツムリ社、1999年
  • 『自然農—川口由一の世界』(鳥山敏子氏との共著)晩成書房、2000年
  • 『自然農への道』(編著)創森社、2005年
  • 『自然農という生き方』(辻信一氏との共著)大月書店、2011年
  • 『自然農にいのち宿りて』 創森社、2014年 ほか。

<監修>

  • 『自然農・栽培の手引き』(監修)南方新社、2007年
  • 『自然農の野菜づくり』(監修)創森社、2010年
  • 『自然農の果物づくり』(監修)創森社、2012年
  • 『自然農の米づくり』(監修)創森社、2013年 ほか。

<映像作品>

  • 記録映画『自然農 川口由一の世界』(グループ現代+フィオーナ)
  • DVD『川口由一の自然農というしあわせ with 辻信一』(ゆっくり堂)など。

「妙なる畑の会・見学会」のご案内

「妙(たえ)なる畑の会・見学会」は、川口由一さんの自然農の田畑を見学の後、食事をはさみ、スライドによる自然農の紹介と質疑応答の学びです。

 

  • 3、5、7、9、11月の第1日曜日に行います(1月は行いません)。雨天でも行います。
  • 集合は午前11時10分、JR桜井線巻向駅です。お車でお越しの方も一旦巻向駅にお集まりください。そこから駐車場までご案内します。終りの時間は参加者のご都合にまかせています。
  • お弁当をご持参ください。
  • 申込みは不要です。参加費は500円です。
  • 問い合わせ窓口  余語規子  TEL/FAX  O744-32-4707

「乾坤塾」のご案内

 「乾坤(けんこん)塾」は、解決不可能を思わせる多くの難問を背負っている今日、人が生きてゆくに欠かすことのできない、宇宙自然界、医療、教育、芸術、政治、経済、宗教といったすべての分野に視野を広げて、それぞれの本質を理解して、認識を深くし、正しいあり方を見出し答えを生きることのできる人として総合的に成長し、役目、つとめ使命、天命をも果たし豊かな人生展開をすることのできる人に育ちゆくための学びです。

  • 2月と8月の年に2回、ホテルの会議室をお借りして、一泊二日で座学の学びを行います。
  • 1日目13時30分開始です。2日目16時30分終了です。
  • 申込み必須です。参加費は12000円です。(宿泊・三食の食事代を含みます)
  • 問い合わせ窓口  三輪淳子 申込みなどの詳細は、下記をご参照ください。
※ クリックすると印刷用PDFが開きます。
※ クリックすると印刷用PDFが開きます。